stop犯罪防犯NAVI

防犯NAVI TOWN

topics

防犯カメラの普及
防犯カメラのQ&A
防犯カメラ設置
防犯カメラ種類
リンク集

 

防犯カメラ防犯カメラの種類

カメラのタイプには、大まかに下記のような種類があります。また、ネットワークのシステムを備えたカメラ『ネットワークカメラ』というものもあります。必要に応じてネットワークカメラの利用もお勧めします。

ボックスタイプ

長所
・存在感のある形状で、視覚的な防犯効果が期待できる。
・レンズ・ハウジングなどのオプションにより、様々な設置環境に幅広く対応できる。

短所
・設置する環境によってはオプションが必要になるため、余分なコストがかかる場合がある。
・レンズの向きが一目瞭然なので、死角に入られやすくなる。
・威圧感のある形状なので、悪意のない人に不快感を与えるおそれがある。

防滴タイプ


雨やホコリがカメラ内部に入らないように作られたカメラ。そのままで屋外に設置できるのが特長。より気密性の高い水中カメラは、水中に沈めて使用することが可能。

長所
・ハウジングを用意することなく、そのままで屋外に設置することができる。
・小型で設置場所をとらないものが多い。

短所
・レンズ一体型で交換できない機種が多く、撮影できる範囲に制限がある。

暗視タイプ


暗い、または真っ暗な場所でも撮影することができるカメラ。高感度CCDを搭載したものや赤外線ライトを搭載したものがあります。

長所
・ 通常のカメラでは撮影できないような暗い場所でも撮影することができる。

短所
・レンズ一体型で交換できない機種が多く、撮影できる範囲に制限がある。


ドームタイプ


小型カメラをドーム型のケースに入れたもの。防犯カメラが持つ独特の威圧感をなくす効果がある。特に店舗や公共施設内の天井に設置されることが多い。

長所
・じっと見られているようなカメラ独特の威圧感を解消できる。
・一目ではレンズの方向がわからないため、不審者の行動を抑止する効果がある。

短所
・レンズを交換できる機種が限られている。
・屋外仕様のものが意外と少ない。

ワイヤレスタイプ


通常はケーブルで伝送するカメラの映像信号を、無線で受信機に送信するタイプのカメラ。

長所
・ 映像用のケーブルが不要なため、配線工事の手間が省け、設置が格段に容易になる。

短所
・電波が正常に電送できる環境が必要で、設置できる場所に制限がある。
・ケーブルによる電源供給ができないため、設置場所にカメラ用の電源を確保する必要がある。
・電波を傍受され、映像や音声を盗み見されるおそれがある。

ピンホールレンズタイプ


本体サイズを大幅に小型・軽量化し、レンズ径も1mm程度に抑えたカメラ。

長所
・小型で設置場所をとらないため、通常のカメラでは設置できないような場所にも設置が可能。
・カメラの存在を知られないように設置することも可能。
・比較的安価で導入できる。

短所
・レンズ交換できないものが多く、撮影できる範囲が限られる。レンズの向きが一目瞭然なので、死角に入られやすくなる。


ダミータイプ


外見を本物のカメラに似せているが、実際に撮影する機能は持たないダミー商品。

長所
・カメラが設置されているように見せかけることで、反抗を抑止する効果がある。
・本物と比べて大幅にローコストで導入できる。

短所

・実際に映像を撮影することができない。
・ LEDランプが点灯するタイプは定期的に電池の交換が必要。

Valuable information

Last update:2014/11/12

安全な家とは


[PR]

Copyright(c)2008 防犯NAVI. All rights reserved.