stop犯罪防犯NAVI

防犯NAVI TOWN

topics

安全な家とは
防犯診断チェック
リンク集
 
 


安全な家とは

防犯とは、何を守ることだと思いますか?

防犯とは、家族を守ることです。財産を守ることはもちろんですが、なにより大切な家族の体・命・そして心を守ることです。万一犯人と遭遇すると体に傷害を受け、さらに、命の危険性さえあります。そして、空き巣に侵入され、金品の被害が少なかった場合でも、被害を受けた家族は、精神的ショックで大きな心の傷を負ってしまうのです。
安全な家とは、家族が安心して快適に過ごせることなんです。そんな家に住みたいですよね。
 

戸建住宅は集合住宅に比べて泥棒の侵入経路が多く、明るい住空間に欠かせない窓は泥棒にとっても狙いやすいポイントとなります。
目に優しい庭木も生い茂れば侵入者の格好の隠れ場所や、2階に上がる足場になります。建物に接して置かれる物置やエアコンの室外機も同様です。隣の住宅との間が狭ければそこを伝って侵入することもあります。

戸建住宅は正面と裏側だけではなく、上下・左右あらゆる方向からの侵入を想定し、適切な防犯対策をする必要があるんです。

狙われないために
泥棒は人目を気にかけ、少しでもリスクの低い家を狙います。
「少し」の対策をしておくだけでも空き巣被害の危険性をぐっと下げる事が出来るのです。

・一戸建ては特に家の周りの見通しを良くする。
・長期間の留守は新聞や郵便を止め、不在がわからないようにする。
・家の周辺を整理しておく。
・日頃から近隣の人の顔がわかる様に、挨拶などコミュニケーションを取っておく。

侵入を防ぐために
泥棒は侵入に時間がかかる事を嫌います。窃盗犯のうち約70%が侵入にかかる時間が「5分以上」だと、犯行をあきらめるというデータもあります。

・サムターン回し
サムターン回し、ピッキングに狙われやすいのがシリンダー錠です。鍵を取り替えるか防犯用のカバーを付けるなどして対策をしましょう。

・ガラス破り
小さな穴をあけてクレセント錠を開錠するというのが多い手法ですので、窓枠の上下に補助のキーロックを設置する事で侵入を防げます。1階の窓などに見られる「網入りガラス」は防犯対策と思われがちですが、火災時にガラスの破片が飛び散るのを防ぐための物なので、防犯としての効果はありません。

・施錠
短時間の外出でも必ず施錠をする。また、在宅中にも施錠をする習慣をつけましょう。窓の面格子はねじ山をつぶして、簡単には外せないようにしておくと、侵入に時間をかけさせる事が出来ます。

・合鍵
家の外に置かない様にする。また、子どもに持たせる鍵などは紛失するおそれもありますので、住所がわからないように、名前や電話番号の付いたキーホルダーなどには付けないようにしましょう。

2014/11/12 更新

あなたの家、防犯診断しましょう


[PR]

Copyright(c)2008 防犯NAVI. All rights reserved.