stop 犯罪防犯NAVI

防犯NAVI TOWN

topics

防犯対策の意識を持つ
間違った防犯知識
防犯に強いかぎ
ホームセキュリティ
リンク集


間違った防犯知識

「泥棒に入られても、静かにしていれば命は大丈夫」って誰か保証してくれますか?・・・しませんよね。
正しい知識を持ち安心して暮らせる環境を創りましょう。
侵入させないような環境作りのために、間違っている知識は早めに改めましょう。

間違い1。『ピッキング予防のために、錠前をピッキング対策品に替えたから大丈夫。』

錠前を替えることは良いことです。ピッキングに強いディンプルキーも普及してきました。バールや、レンチによる錠破りに対策も同時に行えるワンドア・ツーロックは基本です。ただし注意点として、ドアについているガラス部分も割られる危険があります。フィルムを張るのが有効です。
そして、合鍵を外に隠していませんか?絶対に危険です。すぐに止めましょう。

間違い2。『窓にはアルミ面格子がついてるから大丈夫。』

アルミ面格子は、外から簡単にはずれるものが多いです。また、簡単に格子が壊れるものがたくさんあります。
補助錠をつけること、フィルムを張ることは、侵入にかかる時間を長くしますので、防犯効果は高いです。フィルムは、飛散防止フィルムと、防犯フィルムがあります。防犯フィルムを張りましょう。全面に張ることがもっとも有効です。(紫外線もカットしてくれます)

 

 

間違い3。『うちには番犬がいるから大丈夫。』

確かに、犯罪者は犬に吠えられる恐怖心の中、犯罪を実行するのは躊躇するでしょう。一番大事なのは、吠えたことに対し飼い主が確実に反応することです。「また吠えているよ・・・」で飼い主が反応しないと、下見をしている犯罪者は、怖くありません。それに犬の死角になる裏口から侵入されることもあるんです。

間違い4。『一度入られたから、二度目はないでしょう。大丈夫。』

逆です。一度侵入に成功していますから、また入られる可能性が高くなります。対策をすぐに行い、防御しましょう。

間違い5。『うちは金持ちじゃないから泥棒が入るわけない。大丈夫。』

いまや、個人情報が取り引きされる時代です。あなたの名義でカードや身分証明書を作られて、犯罪に使用されたらどうしますか?

Valuable information

Yahoo!JAPAN
http://www.yahoo.co.jp/

2014/11/12 更新

防犯に強いカギ


[PR]

Copyright(c)2008 防犯NAVI. All rights reserved.